WebJoy技術ブログWebJoyのつぶやき

2017年03月10日 googleSEO対策

SEO対策最新情報!googleがフレッドアップデートを実施!

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

2017年3月8日〜10日、大きな順位変動を記録

昨日頃からgoogleアップデートの影響で大きな検索順位の変動が起きています。

このgoogleアップデートは“フレッドアップデート”と呼び、まだ判断するには早いという声もありますがリンクに関するアップデートのようです。

2月にwelq問題(キュレーションサイト)でコンテンツ品質の見直しが重視されたばかりでしたが、今後はリンクの見直しもより重視をされそうです。

昨年もペンギンアップデートの実行で大きな順位変動がありましたが、今年はモバイルファーストインデックスも開始される予定ですし順位変動はさらに激しくなりそうですね。

どうすればいいの?

その答えは単純で、低品質なリンクを集めないことです。もっと簡単に言うとむやみやたらに外部サイトに自身のサイトのリンクを貼らないことです。

googleははっきりと低品質なリンクはいりませんと言っています。

しかし、ここで間違えてはいけないのが、全てのリンクが悪ではないということです。

これからも被リンクはSEOにとって大きな効果を示すでしょう。しかし、良質なサイトと低品質なサイトを見極めるのは簡単ではありません。(特に今はページランクが公開されなくなった関係で難しいです。)

だからこそ、間違えた対策をしないためにも日々SEO対策の動向を見続ける必要があります。

今回のアップデートは失敗?

このアップデートで低品質な被リンクが多いサイトは、順位が下落している傾向にあるようです。しかし、その一方で中古ドメインを使用して獲得した被リンクのサイトは上昇しているという声もあります。

中古ドメインとは、以前誰かが使用していたドメインの事です。以前使っていたということは年数が経っているためSEO的評価でも新規ドメインよりも優位にたてます。

実はこの事実を利用し、中古ドメインを購入してそのドメインからリンクを貼ることで評価の高い被リンクを獲得することができるため、結果的にSEO効果が期待できるのです。

しかし、この方法は明らかなSEO対策だけで意味をなさない被リンクであるため、googleの方針とは異なります。だからこそブラックハットSEOと言われており、リスクも高く決して推奨されないSEO対策なのです。

残念ながらまだまだ改善の余地があるアップデートのように思います。

まとめ

フレッドアップデートはまだ未確定要素が多いアップデートです。

しかし、低品質な被リンクが下落しているのも事実。だからこそ、あなたのサイトに低品質なリンクがあるようでしたら、今のうちに否認しておいたほうがいいと思います。


無料!簡単!すぐ結果が出る!自動見積システムで弊社サービスの料金がわかります!

関連記事

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

合同会社WebJoyでは、集客できる販売促進ツールの提供を行っております。ホームページを通じてあなたの事業を広めていきませんか?長崎を中心に行っておりますが、もし県外の方でご興味持って頂ける方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

IT業界に必須の情報をまとめたブログWebJoyのつぶやきIT業界に必須の情報をまとめたブログWebJoyのつぶやき
こんなわがまま答えます。まずは無料提案させてください。こんなわがまま答えます。まずは無料提案させてください。
  • メールでのご相談
  • お電話でのお問い合わせ 095-894-8430
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント