デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年06月17日 WordPressWEB技術

advanced custom fields特集その5!Option Pageの使い方

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

WordPress管理画面に基本設定ページを簡単に作ることが可能

固定ページ以外に独自の設定ページが欲しいと思ったことはありませんか?advanced custom fields有料アドオンのOption Pageを使うと以下の画像のように独自に設定ページを構築することが可能です。

当然カスタム投稿タイプで同じように補うこともできるのですが、どこか力技な感じがあり、あまりおすすめはしません。特に制作者でお客様へ納品される方にとって、重要なプラグインだと思います。それでは、早速インストール、プラグインの有効化を行いましょう!

Option Pageの使い方

Option Pageは基本的には使い方はadvanced custom fieldsと同じです。違いは表示させる編集画面が違うことだけです。

以下の画像を確認頂ければと思いますが、「位置」項目の選択肢を「オプションページ」「等しい」「Options」に合わせます。

たったのこれだけです。

出力の仕方

それでは出力の方法を説明します!実はこれも通常のadvanced custom fieldsとほとんど同じです。

<?php the_field('フィールド名', 'option'); ?>

このように、通常の出力コードに第二引数としてoptionを追加するだけでOption Pageで設定したカスタムフィールドを読み込んでくれます。

まとめ

今回はこれ以上特に説明する事がありません。どうですか?かなり簡単に導入できると思いませんか?

特集第2回から今回までの4回、advanced custom fieldsの有料アドオンについて紹介させて頂きました。どれも便利なプラグインだと思いませんか?マルチライセンスのため、どのサイトにでも使うことができます。

この4つを使いこなすことで、かなりサイト編集者に優しいCMSが出来上がります。実際に使ってみた身として、心から購入されることをおすすめします。

次回からいくつか無料アドオンの紹介をさせて頂きます。


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2017年12月10日コレで完結!Bootstrapの使い方3
2017年12月07日まだまだ出来ることたくさん!Bootstrapの使い方まとめ その2
2017年12月01日スマホサイト構築に便利!Bootstrapの使い方まとめ その1
2017年01月01日CSSで四則計算!CSS calcの使い方
2016年06月19日advanced custom fields特集その9!Table Fieldの使い方
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント