WebJoy技術ブログWebJoyのつぶやき

2017年06月27日 コンサルティング

集客力をつけるなら、ABテストで集客即効化を!

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

集客を意識した戦略の重要性

ホームページやブログ、ネットショップを運営されている方にとって、「集客力」というのはとても重要なことです。

集客力=アクセス数と言っても過言ではないくらい、アクセス数を意識した様々な流入の戦略が必要です。

極端な話ですが、戦略を考えて仕組みを考えなければ「0」か「100」位の差が生まれてしまうのがインターネットです。

インターネット上では毎日膨大な量のサイトデータが更新されています。アクセス数がなければそれだけ情報は埋もれてしまうのです。

そこで、ホームページやブログ、ネットショップなどを運営している人々は皆、アクセス数がアップする「仕組み」を作ることが重要です。

ABテストとは?

皆さん「ABテスト」という言葉はご存知でしょうか?もしくは耳にしたことはありますか?

インターネットではよく耳にしたり、目にしたりすることもあると思いますが、

ABテストとは、簡単にご説明しますと、同じ商品を「A」というページと、「B」というページや広告方法で紹介した時に、どちらのパッケージに、よりお客様が集まるのか?という比較テストです。

別名「スプリットテスト」、「多変量テスト」とも呼ばれており、同じ商品や特定のショップの中でランダムに対比させて、購入数や、クリック数などを比較してデータ化する指標です。このテストの目的としては、ウェブサイトなどのクリック率や、購買率を向上させるために行われるテストの事です。

テストと言っても実際に運営しているホームページやブログ、ネットショップなどで行う手法です。但し、「テスト中」とそのページや、販売スペースなどに書かれている訳ではないので、お客様には告知せず、通常利用している方を対象にリサーチが可能ですので、本当のリアルな数字が分かるという訳です。それであれば、「やって損のないテスト」ということになるのではないでしょうか?

ABテストの方法

ABテストの方法は、元になる商材やホームページは同様のモノを使用して実施されます。ターゲットとするお客様に的を絞り、そのターゲットに向けての発信を行うページや売り場作りを行います。このテストではWEB上のほぼすべてを利用し、変更しながら行っていきます。具体的には以下の項目を主に変えながら、ページのアクセス数や購買数を上げるテストを行っています。

  • キャッチとなる視覚に関する材料として、写真や動画、色合い等
  • WEBページに記載されているテキスト(文章)の内容という部分での、タイトルや見出し、説明文、ユーザーを誘導する為のリンクやボタン
  • 全体的なビジュアル構成ということで、WEBページのフォーマットやサイズ、ボタンやカートの配置、メニュー等
  • WEBページの訪問ユーザーがAからB、BからAへと同移動するか等

WEB上でのABテストによって得られること

この様に、WEB上でのABテストを行うことで、実際どんな効果が得ることができたり、結果が出るのでしょうか?

  • WEBページ内の項目を増減させて最適なコンテンツ配置にすることで、そのWEBページを見たユーザーが他ページ・他サイトに流出することなく、誘導したい商品や内容に迷わずに訪問してくれることで、最初に立てた目標を達成することができます。
  • ターゲットが好む内容をしることができます。
  • 1つのホームページだけでなく、関連するWEBページ全体を包括するアクセス数の目標をテストすることができます。
  • 同じホームページや商品を使用して行われるABテストは、訪問者のアクセスを始めとする、全ての流れに一貫性があることから、比較しやすく、どの部分が弱いかということが可視化することができます。

よって、WEB上でのABテストを実施することで、同じホームページや商品であっても、ターゲットにするグループによって、誘導方法や、効果的なキーワード、好まれるビジュアルなどが分かります。それを基に、WEBの情報やフォーマットを改善することで、コンバージョン率アップに繋がるという戦略が構築できるのです。このデータがあれば、ターゲットを変えたとしても、最善のWEBページでの集客を行っていくことができますので、次へつながる道しるべになるということです。

さらにABテストは店頭販売でも活用できます!

店頭販売などのエンドユーザーへ直に販売する商品や、サービスでのABテストはどうでしょうか?

  • 売り場作りでは、陳列の仕方、写真やポップの配置、飾りの配置、色合いなどが考えられます。
  • 商品の説明書き、ポップ作り、用途紹介などです。
  • ユーザーが売り場をどう行動して、陳列してある場にたどり着くのかが分かります。

店頭販売などのABテストによって得られること

  • 陳列の方法や、置くスペースを増やしたり減らしたりすることで、販売目標が達成されます。
  • お店へ訪問するユーザーは、その年齢やグループによって誘導のされ方がどう異なるのかが分かります。
  • 1つの商品だけでなく、関連する商品への誘導など全体的な売上アップのテストが可能になります。
  • 同じ商品や売り場を利用することで、一貫性のあるテストが行えることで、プロセスの段階毎に、訪問率や購買率を上げることができます。

よって、売り場でのABテストを実施することで、より細かいターゲットの動向を知ることが可能になり、商品への誘導も、ターゲットを絞って行うことを可能にするのです。

まとめ

ABテストとはWEB上であっても、直接的な売り場であっても、お客様の動向指数を探るテストということが分かりました。ABテストを実施することで、より細かなターゲット情報を収集し、可視化することで、的を絞ったユーザーの誘導を可能にするということです。集客力をつけるには、ぜひABテストを実施し、集客即効化を図りましょう。


無料!簡単!すぐ結果が出る!自動見積システムで弊社サービスの料金がわかります!

関連記事

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

合同会社WebJoyでは、集客できる販売促進ツールの提供を行っております。ホームページを通じてあなたの事業を広めていきませんか?長崎を中心に行っておりますが、もし県外の方でご興味持って頂ける方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

IT業界に必須の情報をまとめたブログWebJoyのつぶやきIT業界に必須の情報をまとめたブログWebJoyのつぶやき
こんなわがまま答えます。まずは無料提案させてください。こんなわがまま答えます。まずは無料提案させてください。
  • メールでのご相談
  • お電話でのお問い合わせ 095-894-8430
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント