デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年03月18日 コンサルティングWebコンサルティング

集客ホームページの作り方その1!ホームページを作る前に考えるUSP要素

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

ホームページを作る前にしっかりと戦略を練っていますか?

あなたがインターネットで検索をした時に、魅力的だと感じるホームページにはどういった特徴があるのでしょうか?

恐らくその会社・店舗ならではの魅力を見いだせているかという点が非常に大きく占めると思います。

こういった独自の展開アイディアをUSP(ユニーク・セリング・プロポジション:Unique Selling Proposition)といいます。

U:ユニーク。その会社だけが持つ独自性・独特な点

S、P:S=販売、P=提案。自社商品、サービスがお客様に与えるメリット、お客様にとって有益な点

しかし、自社ならではの魅力を見出すことは決して簡単な事ではないと思いませんか?

実はホームページ制作を行う際に、どういったページ構成・コンテンツ構成にするかを検討することが非常に重要となります。

そして構成を考えるためには、あなたの事業の方針をしっかりと見直す必要があるのです。

それでは、どのような事柄を検討すればいいのでしょうか?

絶対に変えたくない方針・ポリシー

まずは、これを決めなくては始まりません。

これは、U(独自性)・S(販売)・P(提案)すべての要素に関連します。

例えば、FAXによる営業はしない・イメージキャラクターを全面に出す・明るいイメージを売りにする

等といった基本的方針です。

はじめにベースとなる方向性を決めてその後肉付けをしていきましょう。

既存客は何故御社を選んだのか?

こちらは、U(独自性)の要素になります。

既存客が御社を選んだのには理由があります。その潜在的な理由は、多くの方が感じる可能性が高い理由です。

こういった理由は今後の強みとして活用することができるため、直接聞いたりアンケートをとったりして、データとして知っておく必要があります。

意外と会社が考える魅力とお客様が考える魅力とでは相違がある事も多いです。ご自身での思い込みは捨てて、直接お客様の声を聴くようにしましょう。

これまでどのように顧客獲得をしてきたか?

U(独自性)・S(販売)・P(提案)全ての要素になります。

これまでの顧客の獲得方法をまとめて、「どの方法が効果があったのか?」「効率的なのか?」を把握しましょう。

反対に全く効果がなかったものについては、どうして効果がなかったのかをよく考えましょう。方法は悪くなかったのにターゲット層が間違っていた可能性もあります。

このように、的確なユーザーへ告知ができているか、どういったユーザーへの告知が足りていないのかが見えてきます。

他社に優れている所、異なっている所

U(独自性)の要素になります。

この項目は直接的に関わる最も大事な項目になります。思いつく限り洗い出してください。

どうしても思いつかない場合は、例えば他社のホームページで売りにしている項目を洗い出して、意外と他社で重要視されていない部分を責めるのも手だと思います。

そして、補えない部分については、以前もお話しましたが品質ではなく商品イメージを高めるようにしましょう。

既存客は御社の商品、サービスについてどのように喜んでいますか?

S(販売)・P(提案)の要素になります。

先ほどもお話しましたが商品が売れるのには理由があります。上記項目「既存客は何故御社を選んだのか?」と関連性が高い項目ですが、ここでは具体的に購入したことによりお客様が体験したメリットを聞いてください。

ここで聞いた内容が、実績・お客様の声としてホームページのコンテンツとしても生きてきます。

この仕事をしていて一番嬉しかったことは何ですか?

S(販売)・P(提案)の要素になります。

お仕事をする上でモチベーションは大事です。

お仕事はあらゆる形で人のためになります。それを実感できているかどうかは今後非常に大事になってきます。

このように原点回帰の部分でもありますが、実は需要を知る上でも重要な項目になります。

実際に嬉しい出来事があったことというのは、お客様にとっても印象深く残ります。この嬉しかった出来事を一度だけで終わらせずに継続させることこそリピーターの獲得に繋がるのです。

御社のお客様の共通点は何ですか?

S(販売)・P(提案)の要素になります。

既存のお客様の共通点を知ることでターゲット層も明確になります。

どういった年齢層にニーズがあるのか?どういった職業の方にニーズがあるのか?

今後の経営方針を決める上で非常に重要になります。

まとめ

このように、多方面からあなたの事業をしっかりと見なおした上でホームページの制作を行うことで大きな経営改善に繋がる可能性があります。

USPについてはこういったところですが、この記事に付随する中小企業のホームページの集客率をアップする方法にはまだ続きがあります。

こちらについては次回続きを行っていきたいと思います。


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2017年12月05日wordpressブロガー必見!?ブログサークルに登録してみた!
2017年11月22日ブログ強化で意外とあまり語られていない事「看板記事ありますか?」
2017年01月01日これからに備える!動画マーケティングの基礎
2016年09月18日間違えたWEB知識その6「新着情報は一番上に表示させるべき」
2016年09月02日間違えたWEB知識その5「公開したからみんな見にくるでしょ!」
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント