デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年09月25日 コンサルティング

集客に大きく影響!?サーバー選びのポイント

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

安さだけでサーバーを選んでいませんか?

様々なレンタルサーバーが存在している昨今、どのサーバーを選べばいいか難しいですよね?

ひとつの大きな指標として安さが存在します。しかし、実は安さの裏には大きな問題が存在している可能性もあり、慎重に選ぶ必要があるのです。

今回はレンタルサーバーを選ぶ上で重要なポイントを紹介します。

503エラーが起きにくいサーバーを選ぶ。

安いサーバーを選ぶと時々503エラーが起きてサイトにアクセスできなくなってしまいます。

この503エラーとはどういうときに起きるのでしょうか?

実は、レンタルサーバーが設定している同時アクセス数を超えてしまった時に起きてしまうのです。

なぜ、このような設定をするのでしょうか?

それは、想定している同時アクセス数を超えることによって、サーバーへの急激な負荷が起きないようにするためです。この設定をしておかないと最悪サーバーダウンも考えられるため実は悪い設定ではないのです。

よくレンタルサーバーでは共用サーバーという、1サーバーに複数ユーザー使えるサーバーで運営しています。

共用サーバーの場合は、当然1ユーザーあたりの同時アクセス数の設定が小さくなりやすく、価格が安いサーバーほど少人数の設定になっている可能性があります。

そのため、はじめはアクセス数を見込めないため共用サーバーでも大丈夫だと思いますが、ある程度アクセス数が集まりだした際には、安さだけを売りにしていない専用サーバーへの移行を検討することをおすすめします。

また、サイトの運営数によっては結果的に専用サーバーの方が安くなるという可能性もあるため、はじめの段階でもしっかりと計算をした上で検討をされてもいいかと思います。

回線速度(バックボーン)

レンタルサーバーにもネットワーク回線というものがあります。

ネットワーク回線が弱いと、最悪の場合サービスの停止も考えられます。

実はこのネットワーク回線、こちらも弱いと同時アクセス数が多いときにサービスが停止してしまいサイトが表示されなくなってしまいます。

ちなみに、ここで言う弱い回線とは、「10Mbps」や「100Mbps」といったレベルのサーバーです。

このネットワーク回線とは、サイトの容量が多ければ多いほど影響してきます。

容量が大きいデータの通信を大人数で一気に行うためには当然回線が強いサーバーじゃないと捌ききれません。

「1Gbps」程度は必要だと思います。

サーバーのスペック

CPUのクロック数やメモリ量等をチェックする必要があります。

ここで注意しないといけないのは、共用サーバーの場合は記載されているスペックそのままのスペックではないということです。

共用サーバーは、自分以外のユーザーの処理も行うため安定しない場合もあります。

各レンタルサーバーのスペックを比較しながらベストなサーバーを見つけてください。

自動バックアップサービス

サーバー会社によっては自動バックアップサービスがついています。

例えば、間違えてサイトを更新してしまった場合や削除してしまった場合など、自動バックアップサービスがついていることでデータの復旧が可能です。

自動バックアップサービス、いざという時に役立ちますので、確実にチェックするようにしましょう。

24時間サポート

サーバーはいつどのようなアクシデントが起きるかわかりません。

この時に安いサーバー会社であれば、対応が遅くなる場合があります。

これが集客したいタイミングであればどうでしょうか?

集客効果に大きな影響がでてしまい、あなたのサイトの信用がガタ落ちです。

そのようにならないためにも、24時間電話・メールサポートがついているかどうかをチェックするようにしましょう。

その他注意点

データ転送量

サーバーによってはデータ転送量が制限しているケースもあります。

データ転送量が制限してあると、ユーザーがサイト上からファイルをダウンロードできなくなってしまいます。

サーバーの設置場所

サーバーの設置場所にも注意しましょう。海外に設置してあるサーバーだと場合によって応答が遅くなってしまうことがあります。

国内のサーバーを使うようにしましょう。

まとめ

上記の通り、安いサーバーをレンタルすることで集客の妨げになってしまう場合があります。その知識を入れた状態でしっかりと検討するようにしましょう。

今回紹介した共用サーバーと専用サーバー以外にもVPSやパブリッククラウドというものがあります。

こちらについては機会があればじっくりと解説をしたいと思います。

ちなみに、弊社ではエックスサーバーを利用しております。低価格サーバーとしては、トップクラスのスペックを持っており、回線速度も232Gバックボーンと強力です。

一番下のX10プランを利用しておりますがこちらで現状満足しております。

検討中の方はこちらも検討材料に入れてみてはいかがでしょうか?

エックスサーバー公式サイト


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2018年05月06日集客できない原因はあなたの名刺かも…【全国対応!2018年5月限定キャンペーン】
2018年01月04日【全国対応キャンペーン】集客名刺でまずは発信力を高めませんか?
2017年06月27日集客力をつけるなら、ABテストで集客即効化を!
2017年01月04日同じコンビニが多い理由!ドミナント戦略とは
2016年11月19日1年で最初のチャンス!?年賀状で集客
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント