デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年05月19日 ホームページ運営

読者が増えない方必見!読みやすいブログにするコツ

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

皆さん、ブログが持続しない理由ってなんですか?

ネタが無くなる、誰にも読まれない、稼げると思ったが稼げなかった、などなど各々理由はあると思います。今日の記事は、この“誰にも読まれない”に焦点を当てます。それでは、何故誰にも読まれないのでしょうか?それは、あなたの記事が読みにくい書き方をしているだけかもしれませんよ。

今回は、ブログを持続させるためのコツを紹介したいと思います。

※はじめに話しておきますがうちのブログでもまだ導入できていない事もたくさんあることをご理解ください。

1つの記事にテーマはひとつ

1つの記事にたくさんの事を書いてしまうと何を伝えたいページなのかが薄れてしまいます。

たくさんの情報を入れたい気持ちはわかりますが、あくまでひとつの記事で伝えたい事はひとつだけにしてください。そのようにすることでより印象的なページになり、記事数を稼ぐこともできますね。そのひとつの伝えたい事を文字数が多くなっても問題ないのでしっかりと書いてください。そうすることで本当の意味で質の高いコンテンツができあがります。

画像を小まめに入れて視覚的に見やすくする

例えば文字がぎっしりと詰まったようなブログって読む気になりますか?

あまりならないですよね?

文字がぎっしりと詰まっていると、読むのに時間がかかる印象を持ってしまい、さらに理解がしにくくなってしまいます。こういったときにイメージ画像を定期的に入れることで“ただ長い記事”から“情報が豊富な記事”という印象に変わります。

文章を読むのは労力が大きいものです。画像で小休止をしてもらいましょう。

見出しをつけることで情報の階層化(可能であれば目次も)

あなたがつかっているブログにはタグを挿入することができますか?

可能であれば、見出しをつけることであなたのブログは情報を整理することができるため、かなり見やすくなります。

訪問者はブログの記事に、自分が求めている情報が掲載されているかを重視します。

そして、より自分が求めている情報が掲載させれているページを見つけるまでは、1ページに時間をかけたくないというのが多い意見です。そのため、階層化されていない記事は読みにくく「長く読んだ結果情報にたどり着けないかもしれない」というリスクを意識してしまいます。その結果、流し読みをして判断され、本当は掲載されているかもしれないのに離脱の原因になってしまいます。

そのため、見出しをつけることが離脱の防止に繋がります。後から見直しする時も見つけやすいですよね?

また、目次があればもっとわかりやすいです。

ブログを運営する上で大事なことは、とにかくユーザーにとって便利なブログにすることです。

この差別化が大きな差を生みます。

読みやすいフォントにする。

印刷物では、デザインのイメージにより書体を使い分けます。

しかし、Webでは考え方が全く違います。読みやすいブログやサイトにする上で明朝体は絶対に使ってはいけないフォントなのです。それは、なぜかというと、印刷物と違いWebはピクセルで表現されます。

そのため明朝体の細い部分はピクセルでの表現ができず、ぼかしがかかったような文字になってしまいます。

以下の画像は明朝体・ゴシック体それぞれ12ptの文字を拡大したものです。

基本的に装飾はしない。

一般的なブログは便利なものがほとんどで、文字の色や大きさ等様々な変化を加える事が容易にできます。

しかし、そのせいで見づらいブログが世の中にはたくさん存在します。それは何故でしょうか?

文字というものは、何も装飾していない文字が一番見やすいからです。この事実は受け止めてください。

しかし、強調したい箇所については太字の処理をしてください。実は太字を時々入れることで、ただただ同じ文字が続くよりもメリハリがついて覚えやすくなります。その結果、何を伝えたいのかがわかりやすいブログになります。

段落を分ける

文字のブロックが大きければ大きいほど読む気がなくなってしまいますよね?

Web上の文字というのは、そういった所にも配慮をしないと誰も読みたくないブログになってしまいます。できれば、ひとつのブロックは5行前後にしてください。そして、もちろんですが、段落間は余白をあけましょう。そうすることで見やすくなります。

そして注意するべき点がひとつ、句読点のたびに改行する癖がある方は、やめるようにしましょう。ブログはPC・タブレット・スマホ等様々な環境で閲覧されます。そのため、PCでは見栄えがよくてもスマホで見た時に改行だらけで文字がガタガタと並んでいる印象になってしまいます。

話しかけるような文章にする

「○○です。」という文章より「○○ではないですか?」と書かれていたほうがより向き合ってくれている印象を持ちますよね?

このように問いかけるような文章にすることでブログ訪問者にとっても、より親近感を持って閲覧されやすくなります。

結論を先に書く

これは、ページを閉じられやすいWebならではの技法だと思います。

はじめの方に、全く関係がないことばかりを書いていると、有益な情報が載っていないページだと判断されてしまいます。

それでは、具体的にどのようにすればいいでしょうか?

それは、ページのタイトルとはじめの文章に結論を書き、その詳細を続けて書いていきます。この方法はテレアポでもよく使われます。

漢字ばかりをつかわない

漢字はブログ訪問者にとって緊張感を与えます。

漢字の割合が多い記事は、敷居が高い印象を持たれ、漢字の割合が少ない記事は、敷居が低い印象を持たれます。つまり、たくさんの訪問者に読んでもらいたい場合は漢字が多ければお堅いブログという印象を持たれてしまい、結果的に離脱の原因になってしまいます。

ただ、その反面、ビジネスブログや政治関連ブログ等、信頼感を演出したい場合等は漢字を多用することで安心感を持たれ、読者を増やすことも可能です。

説得力があるタイトルにする

タイトルでどんなメリットがあるのかがわかりやすいブログであれば読みたくなりますよね?

例えば、「ダイエットの方法!」という記事のタイトルよりも「実際に100人中94人が成功した!○○を使ってできるダイエット」という記事の方が響きやすい印象になります。

とにかくWebの特徴として、離脱を防ぐことが第一優先となります。

関連の記事を記載して次へ繋げる

記事を読み終わった場合、通常は戻るボタンを押すか閉じるボタンを押す場合がほとんどです。それは、なぜかというと、そのブログに情報が記載されていたため用事が済んだからです。他にも有益な記事がたくさんのブログにも関わらずもうこれ以上用はないと閉じられてしまうのはもったいないと思いませんか?

誰でも一度はYoutubeの関連動画にハマってしまい想像以上にyoutubeに時間を使ってしまったことはあるでしょう。でもはじめは関連動画の内容については見るつもりはなかったはずです。それだけ魅力的なコンテンツだったということですよね?

これと同じでブログの関連記事も魅力的なタイトルにしていると次へと繋がります。関連記事を表示できる場合は是非とも導入してください。

まとめ

このようにブログの運営にも様々な技術があります。

実際にこの記事を読んで「なるほど!」と思った方は今後成果が出せる方だと思います。

ブログ運営は“いかに読み手の気持ちになって記事を書くか”が大事です。ブログを運営されている・しようと思っている方は是非活用してください!


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2017年12月05日wordpressブロガー必見!?ブログサークルに登録してみた!
2016年10月01日ブログのネタがない!簡単に記事のネタを見つけることができる方法
2016年08月22日自信が持てないWeb制作者必見!Web制作者が必ずするべきこと!
2016年03月03日ホームページ運営の鍵!内部ブログと外部ブログどっちがいいの?
2015年12月07日更新のネタがない!そんな時は!(ホームページ運営の考え方)
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント