デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2017年02月03日 豆知識

権利者を守る!商標登録のメリット・デメリット

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

あれ、商品名がかぶってる...

商品を作って販売していると、こういう事も起きるかもしません。名前がかぶってしまうとどういった問題が起きてくるのでしょうか?

  • 間違って他社の商品を購入されてしまう
  • 他社商品の悪評の影響を自社商品にまで受けてしまう
  • パクったと相手側から文句を言われる
  • 相手側が商標登録をしているとその名前を使えなくなる

こういった問題が起きてきます。せっかくのあなたが考えた商品・サービス名なのに、場合によっては名前を変更しないといけなくなるのです。

こういったことにならないように商標登録という商標権を生じさせる行政処分が存在します。

商標登録とは?

商標登録は、商品やサービス等を他社と区別するために、真似をされない権利を得るための登録です。

審査に合格後、手続きを完了させることで商標権が発生します。

実はこの商標登録、誰もが知っているピカチュウやくまモン等も商標登録をしています。

商標登録の種類

文字商標

カタカナ・ひらがな・漢字・ローマ字・外国語・数字等の組み合わせからなる文字の商標

図形商標

マーク・キャラクター・ロゴ等のように文字が一切入っていない商標

記号商標

マークや幾何学模様・文字と記号を組み合わせた商標、図形商標より簡素化されているのが特徴

立体商標

立体看板や着ぐるみ・その他特殊な形状をしたものの商標

結合商標

文字や図形・記号などを組み合わせた商標

色彩商標

パッケージや看板などに使われる配色の商標

音商標

音声の商標

動き商標

テレビやパソコン等に映し出される文字や図形のように時間の経過に伴って変化する商標

ホログラム商標

見る角度にやって変化して見える文字や図形の商標

位置商標

商品のパーツや模様の位置等を真似されないための商標

どこから侵害になるの?

北海道のお土産で有名な「白い恋人」をご存知ですか?1976年に発売されて、順調に人気おみやげとして有名になりました。

しかし、2010年頃、大きな問題が発生しました。それは吉本興業が「白い恋人」をモチーフにした「面白い恋人」という商品を販売したのです。

そして、「白い恋人」を販売している石屋製菓が吉本興業に販売差し止め・廃棄を求める訴訟をおこしました。

この問題は大きくニュースでも取り上げられたので知っている人も多いでしょう。

そして結果としては、関西6府県のみでの販売を約束することで、損害賠償金を支払わずに和解が成立しました。

ここで侵害になる大きなポイントは類似しているかどうかです。

この類似については最高裁での判例があり、外観やイメージ・名称等が間際らしく混同するかどうかによって判断されるようで、さらには取引の実情等も含めて最終的には類似と判断されるかどうかが決定するようです。

商標登録のメリット

商標登録をするメリットは当然、登録した商標を独占して使うことができる事です。しかも日本全国に有効なため、日本という大きなエリア全体で独占することができるのです。

しかし、それでも中には、「商標登録しなくてもいいんじゃない?」と思う方も多いことでしょう。実は商標登録の一番の存在意義はビジネスを安全に継続するためのものなのです。

例えば、あなたが日々営業をしている自社商材を例に出します。

ある日突然、電話がかかってきて「うちの商品をパクるのを辞めてくれないか?」と言われました。あなたはこの時どう答えますか?

この時に、相手が既に商標登録をしていたら何を言っても通じないんです。たとえサービス自体を開始したのがあなたが先だとしても。

そう、後からサービスを開始しようが商標登録を先にした人の商標権となってしまうのです。

サービスの売上が上がってきた所で、商標権の侵害を責められてしまうということ、それは、変更の必要があるため、その後に多大なダメージを及ぼすのです。

最悪の場合、刑事罰が適用され、10年以下の懲役や1000万円以下の罰金に処されてしまうのです。さらに法人の場合には最大3億円の罰金となってしまいます。

もしかしてに備えるために、是非ともビジネスでは商標登録をするようにしましょう。

その他にも、商標登録をしていないと場所によってはデパートやネットショップに出品することができません。それは、店側で商標登録をしている事を条件としている場合があるからです。

商標登録のデメリット

商標登録のたった一つのデメリット、それはお金がかかることです。

商標調査及び出願手数料、出願時印紙代、登録手数料、登録料がかかります。

さらに弁護時事務所へ申請の依頼をしていれば、当然弁護士事務所への手数料もかかります。

登録完了までの手順

1.出願したい商標がまだ登録されていないかを調べる

商標登録は早い者勝ちのため、既に登録者がいればいくら出願しても当然却下されます。

商標が登録されているかどうかは以下の特許情報プラットフォームのページでご確認下さい。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

2.出願する区分を調べる

区分を調べる一番いい方法は、特許情報プラットフォームで自分が出願する予定のものに近い商標を探すことです。商標を検索して、商標の登録情報詳細ページへ行くと下の方に登録区分の一覧が表示されます。

3.必要書類を用意する

以下の特許庁のホームページからダウンロードすることができます。

http://faq.inpit.go.jp/EokpControl?&tid=388207&event=FE0006

この時に、一度特許庁に電話して書類の記載内容に問題がないかチェックしてもらったほうがいいと思います。

4.出願

準備ができたらいよいよ出願です。この時に特許印紙というものを購入することになります。特許印紙は郵便局で購入することができます。

そして、特許庁へ直接行くか、郵送で書類を送る事になります。

そして問題がなければ、書類を提出してから半年かかりますが登録が完了します。

手順については詳しくは特許庁へ。

まとめ

どの時代でもパクリは存在します。名前やロゴをパクられないように商標登録というものををもっと身近なものに考え、ビジネスを失敗させないようにしましょう。


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2017年07月15日気になる「ポータルサイター」って職業知ってる?
2017年02月21日解説!デザイナーは個人と法人どっちがいい?
2017年02月10日SEO大変動!キュレーションメディア問題について
2017年01月21日どこからが侵害?肖像権について
2016年11月06日制作者が知っておくべき!著作権について
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント