デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年03月03日 コンサルティングホームページ運営

ホームページ運営の鍵!内部ブログと外部ブログどっちがいいの?

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

2種類あるブログ

よく皆さんが想像されるブログというのはアメーバブログやFC2ブログ等といった無料サービスだと思います。

有名人の方はほとんどこちらでブログをされていますよね?こういったブログをサイト外ブログ(以下:外部ブログ)といいます。

それに対して、サイト内ブログ(以下:内部ブログ)というものがあります。

こちらは、ホームページの項目の一つとしてブログが存在しています。

この2種類のブログ、どちらがホームページの運営に効果的だと思いますか?

実は、どちらが正しいとは言えないのです。といいますか、各々にメリット・デメリットが存在します。

このメリット・デメリットを理解した上で内部ブログまたは外部ブログをうまく駆使した人が正解と言えるでしょう。

内部ブログの特徴

内部ブログの特徴として、SEO対策の観点で見た時にホームページ自体の価値を高める効果が高いです。

メリット

日々ブログを更新する事で、ホームページのページ数・コンテンツ量が増えていき、検索エンジンにとって日々しっかりと更新を行っているサイトと判断されます。

そして、ブログ記事のテーマがしっかりとしている事で各ページ毎に違ったキーワードでのSEO効果が高まるため、様々な関連キーワードでホームページが検索にヒットします。ここは非常に大事になってきます。

皆さんが一般的にイメージされているブログというのは、日記だと思います。

もちろん、たまには会社の雰囲気を伝えるために出来事を投稿してもいいですが、これがメインになってしまってどういった業種のサイトなのかもあやふやになってきます。その結果、狙っているキーワードでの上位表示の妨げになってしまい「いくらブログを更新しても上位に上がらない」という最悪の事態にもなってしまいます。

こういった事に注意しながら更新を行っていくことでSEOが劇的に上がるものこそ内部ブログの一番のメリットといえるでしょう。

デメリット

それでは、内部ブログのデメリットはどういった点でしょう。

それはSEO自体はアップしますが、訪問者数に繋げるのが難しいという点です。例えばソーシャルメディアで告知をしたり、純粋に検索エンジンからキーワード検索でヒットしてアクセスされるなどアクセス数を稼ぐまでに結構な時間を要します。(当然、外部ブログサービスでもそれなりの時間を要しますがそれ以上に時間がかかるでしょう。)

内部ブログの場合、特に最初の方は一人の新規ユーザーの発掘が本当に大変なのです。

外部ブログの特徴

メリット

ブログサービス内のユーザー同士での交流ができるため、アクセス数は内部ブログに比べて早い段階で伸びてくるでしょう。

しかし簡単に人気ブログになるというわけではありません。アメブロはユーザー数が4000万人を超えています。この数字から如何に1つのアカウントが注目を浴びる事が難しいかがわかるでしょう。

そして、開設の手軽さにもメリットがあります。独自ドメインのオリジナルサイトにブログを構築するには時間が必要になります。しかし、外部ブログの場合、ブログサービスへの登録のみでブログを開設することができるため、「すぐに始めたい!」という方には外部ブログがおすすめでしょう。

デメリット

外部ブログにもデメリットがあります。それはブログのコンテンツが資産として残らない事です。例えば、10年間Aブログサービスで書き溜めたブログがあるとします。もしAブログサービスが廃止されるとなったら、あなたの書き溜めたブログの記事はどうなるでしょう?

全てが消えてしまいます。

ゾッとしませんか?

また、ブログサービスが廃止されなくても、規約違反によるアカウント停止の危険性もあります。

※2011年には商業利用によるアカウント停止が5万件出たそうです。

そして他にもデメリットは存在します。それは、「どんなに記事を書いても利用ブログサービスのSEOに影響されるだけ」という点です。

SEO対策でインデックス数(googleが認識しているページ数)が重要なのは以前からお話しているかと思います。

そこで、実際にブログシステムを導入していないホームページAと、ブログシステムを導入していて日々更新をしているホームページBを比較しました。

ホームページA インデックス数「6」

ホームページB インデックス数「547」

6ページのホームページと547ページのホームページ、どちらが情報が豊富なホームページだと思いますか?

※もちろん、質の低いページを量産してしまうと評価は下がるので、各ページの質には気を使ってください。

 

ブログを導入していないホームページで547ページを超える事はほぼ不可能でしょう。

外部ブログを持つことで集客効果は望みやすいですがホームページ自体のSEOは弱いため、

ブログサービスに依存した集客方法になってしまいます。先にも話したとおり廃止や縮小の可能性も考える必要があるため、ひとつのサービスに依存した集客方法というのは決しておすすめできません。

なるほど、両方すればいいんじゃない?

半分正解で半分間違いです。

役割を分ける使い方であれば、非常に効果的でしょう。(例えば技術ブログ関連を内部ブログ、集客ブログ関連を外部ブログ等)

しかし、一番やってはいけないブログ利用方法があります。

それは、内部ブログの記事を更新して、その記事の内容をそのまま外部ブログへ貼り付ける行為です。

これは重複コンテンツ(コピーコンテンツ)というgoogleアルゴリズムの方針に反する行為で、googleからの評価が下がります。稀ですが場合によりペナルティを受けることも考えられます。

結局のところ一長一短

結論として、内部ブログと外部ブログのメリットをうまく駆使して集客に成功することが目的のためどちらがいいと決めつける訳ではなく時と場合により効果が大きいブログを使うことが集客成功へと繋がるでしょう。(ただ、ブログシステムを搭載したホームページをお持ちの方は、SEOをアップさせるチャンスだと思って是非ともご利用される事をおすすめします。)

ブログはただの日記ではなく、効果的に更新することで集客に繋がる大事なツールです。


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2017年12月05日wordpressブロガー必見!?ブログサークルに登録してみた!
2016年10月01日ブログのネタがない!簡単に記事のネタを見つけることができる方法
2016年08月22日自信が持てないWeb制作者必見!Web制作者が必ずするべきこと!
2016年05月19日読者が増えない方必見!読みやすいブログにするコツ
2015年12月07日更新のネタがない!そんな時は!(ホームページ運営の考え方)
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント