デザイナーと繋がる!WebJoyクリエイターブログ WebJoyコミュ

2016年06月02日 コンサルティング

あなたの名刺は大丈夫?集客できる名刺の作り方

皆さんこんにちは!長崎のホームページ制作会社、合同会社WebJoyです。

あなたはどのような名刺をお持ちですか?

もしかして、会社名とあなたの名前や役職、そして住所や電話番号などの基本情報だけの名刺ではありませんか?

実は非常にもったいないことをしていますよ!

今回は名刺が持っている可能性について紹介させて頂きますので、気になる方は是非見なおしてみてください。

名刺は最も自然に渡すことができる販促ツールです!

当たり前すぎて忘れている方も実は多いことと思います。どんなに営業が苦手な方でも名刺は新しく出会った方とはスムーズに交換ができます。これは名刺の大きな特徴のひとつなのです。

つまり、名刺に伝えたいことを記載することで確実に相手に伝わります。それでは具体的にはどのようなことを伝えるべきなのでしょうか?

まず、確実に伝える必要があることは、業務内容イチオシの商品です。このような項目を入れることで名刺交換後の話にもつながります。そう、一番ダメなパターンは、名刺を交換してすぐに他の話に移ってしまう事なのです。まずは興味を持ってもらう事が大事なのです。そのための導線として名刺が存在します。

最もいい流れとしては、名刺の交換、名刺を見てもらい興味を持ってもらう、そして補足情報等さらに詳しい情報を話し、宣伝を行うことで印象深くなりその後の発展につながりやすくなります。

当然、急ぎの場合など話がふくらまない状況の時もあるかと思いますが、その場合も後から見た場合に業務内容やイチオシの商品を記載することで伝えるべき情報が確実に伝わり印象にも残ります。

名刺は最も捨てられにくい販促ツールです!

皆さん、チラシやパンフレット等はよっぽど興味が無い限りどうされていますか?ほとんどの場合、破棄されていると思います。

しかし、名刺はどうでしょう?殆どの場合は名刺ホルダーに収納をされているのではないでしょうか?それは何故ですか?

“名刺を破棄する行為は失礼に当たる”からではないでしょうか?

そうなんです!名刺というものはそれだけ価値があるものなのです。

この特性を活かして、名刺をポイントカードやお友達紹介カード、割引券等を載せて、実際に集客に成功された店舗の例もたくさんあります。

さらに、その中でもより価値を高めて捨てづらい名刺にする方法があります。それは、あなたの似顔絵や写真を載せることです。このようにすることで捨てられにくくする他に、より印象に残りやすい名刺になります。

名刺は話を引き出すためのツールとしても効果を発揮します!

例えば、あなたが訪問先へ営業へでかけた時にまず解消したい問題な何がありますか?

恐らく、ほとんどの場合、お客様からの不信感だと思います。しかし、不信感を解消したいがばかりに無理やりあなたのプライベートの話をしても、不信感を解消できるどころか嫌悪感を抱かれてしまう場合もあります。

そういう時にこそ、名刺を活用するべきなのです。まず、営業を行う上で解消したい問題を最大3つまでリストアップしていきます。そしてリストアップした項目を名刺へ入れ込んでいきます。

このようにすることで、営業先でスムーズに話のネタとして引き出すことが可能です。

今回の例で言えば、どういう人間かわからないため不信感を抱かれてしまいます。そのため、あなたの趣味や特技・座右の銘などのプロフィールを名刺の1コーナーとして記載します。すると、あなたの人間性が伝わり不信感は解消されます。(他にもサービスに関する信用情報や資格・実績等を記載できれば尚よしです。)

特に人見知りで営業が苦手な方ほど趣味や特技については詳しく記載ください。まずはプライベートの話からすることで緊張も解けやすく話がスムーズに進みます。

ソーシャルメディアへの誘導も可能

上記の補足になりますが、より効果的な使い方があります。それは、営業をしたことがある方なら誰もが感じた事がある問題を解決する方法です。

営業先でいくら話をしても月日が立ってしまえば忘れられてしまいます。そのため、営業は常に顔を出し続けなければいけません。しかし、実際の所規模が拡大した時にもそれは可能でしょうか?仮に可能だとしてもはっきり言って効率が悪いです。

それではどうすればいいでしょうか?

答えは簡単で、FacebookやTwitter・LINE・Instagram等のソーシャルメディアへ誘導すればいいのです。もっと具体的にいうとソーシャルメディアのアカウントを記載するのです。そして、名刺を渡すときに登録することでのメリット等を伝え、確実に登録を促してください。それだけでも実際に登録されやすくなります。

え、もうソーシャルメディアは廃れてきているのではないか?いえいえ、投稿者の数は減ってきているかもしれませんが、まだまだ閲覧も含めた利用しているユーザー数(アクティブユーザー数)は多いのです。いかに見ることが習慣付いているかがわかりますね!

こちらについては、以下の記事をご覧ください。

おすすめの名刺サイズ

名刺は55mm×91mmが一般的なサイズです。しかし、一般的なサイズ=最も集客ができるサイズなのでしょうか?

私は実は一般サイズ(55mm×91mm)の名刺はあまりオススメをしておりません。それは、記載できる情報量があまりにも少なすぎるからです。

例えば、大手で集客に困っていない企業であれば一般サイズ(55mm×91mm)でも問題はないと思います。しかし、集客を強化したいとお考えの企業であれば、私達がおすすめする名刺サイズは2つ折名刺もしくは3つ折名刺です。これらの名刺は折りたたむと一般サイズの名刺と変わりませんが、展開することができるため、2倍、3倍の情報を記載することができます。

どうしても一般サイズの名刺であれば上記の情報を全て記載するのは難しいのです。仮に入ったとしてもぎっしりと詰まってしまうので、見づらい名刺になってしまいます。文字サイズ最低箇所でも7ptにして、入らないからといって小さくするということは避けるようにしましょう。

まずは、記載するべき情報をリストアップして、情報のボリュームにより2つ折名刺、3つ折名刺どちらが適切かを判断しましょう。

まとめ

名刺交換の場は実は勝負の場なのです。会社名などはほとんどの場合、会った時にはわかっています。それ以上にお客様へのメリット等、興味を持っていただける情報をメインに記載することこそ成功の秘訣なのです。

ここで理解しないといけないことは、“自分の売り込み=お客様のメリット”ではないということです。「集客したい!」という気持ちを一旦切り捨て、「お客様が現在抱えている問題を解決したい!」という思いのもと考えていく必要があります。

もし、名前を紹介して終わっている方は是非とも上記の方法を実践してみることをおすすめします。


WebJoyで使用しているサーバー情報

合同会社WebJoyでは、エックスサーバーを主に使用しています。その理由はWordpressを運営する上で重要なサーバースペックが高く、かかる費用も安いため個人でのご契約でもおすすめしています。会社経営をする前から約8年間お世話になっているサーバーです。ブログを始めたい方は是非ご契約ください!上記の画像をクリックすることでエックスサーバーの公式サイトに移動します。

この記事を書いた人

長崎のホームページ制作会社 合同会社WebJoy
代表社員 朝永祐太

長崎県にてホームページ制作を行っております。今の時代、Webを活用するためにはブログは必須だと感じ、最近ではブログ集客に力を注ぎ始めました。
実際に当ブログのアクセスを増加させることでよりよい提案ができればと考えております。
そして、近い将来、有益な情報配信を主とした企業を目指しております!

関連記事

2018年05月06日集客できない原因はあなたの名刺かも…【全国対応!2018年5月限定キャンペーン】
2018年01月04日【全国対応キャンペーン】集客名刺でまずは発信力を高めませんか?
2017年06月27日集客力をつけるなら、ABテストで集客即効化を!
2017年01月04日同じコンビニが多い理由!ドミナント戦略とは
2016年11月19日1年で最初のチャンス!?年賀状で集客
  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント