iPhoneトラブログ

2018年03月09日 ガラス割れ

コピーパネルと純正再生パネルの違い

皆さんこんにちは!WebJoyの朝永、そしてi-ss長崎店の責任者の朝永です。

当店のパネル交換には数種類あります。

「iPhoneの画面が割れてしまった…」
パネル交換を依頼される際に、当店の料金表を見て頂くと分かる通り、パネルには2種類あります。

それは、純正液晶再生パネルとコピーパネルです。この2種類の違いは何なのでしょうか?

コピーパネルとは

街のiPhone修理屋で使用されているコピーパネルは、「iPhoneと同等」とよく言われていますが、タッチの反応速度や色写りなどに若干の違いがあります。

コピーパネルは、あくまでコピー品です。

どうしても純正パネルにはタッチの反応速度や色写りで敵いません。

でも、大きなメリットは、やはり安さです。

使用する上で特に問題はありません。若干の反応速度や色味の違いは気にならないという方はコピーパネルでの修理をオススメさせて頂いております。

純正液晶再生パネルとは

純正のパネルのため、色彩表示、タッチ感、その他の感覚等が本来のiPhoneと全く同じです。

こちらは、再生品というように、軽度のガラス割れした液晶に、高度な技術でガラスを貼替えたパネルを純正液晶再生パネルといいます。

ガラスの指触り以外は純正品ですし、元々動作していたiPhoneのガラスを差し替えただけのものなので、修理した後に、画面がおかしくなった等のトラブルはほぼありません。

純正液晶再生パネルとコピーパネル、どれくらい違うの?

こちらの画像をご覧ください。

純正パネルのほうが明るいですよね?

このように比較してみると明るさに差があります。

それでは、やはり純正パネルがいいのでしょうか?

いえ、それは最終的には、あなた自身の判断です。「iPhoneをあとどれくらい使うか?」「そもそも使用頻度がどのくらいか?」等など。

コピーパネルで問題がないのであれば、コピーパネルがお安く済みます。

じっくりとご検討をされた上で修理依頼をされた方がよろしいかと思います。


この記事を書いた人

i-ss長崎店
責任者 朝永祐太

長崎県の時津町にてiPhone修理を行っております。現在は出張・郵送・引取修理のみ行っております。
i-ssは全国に支店がございます。この記事をご覧の方が長崎以外の方は本部HPより他支店のページをご覧ください。(URL:i-ss長崎店ページ

関連記事

2018年02月22日時津町N様 iPhone5s バッテリー交換をさせていただきました!
2017年12月12日iPhone修理ブログ開始しました!

コメント(ブログサークルアカウントが必要です。)

  • Facebookページ
  • 公式twitterアカウント